敏感肌の人こそセラミド配合の美容液で潤いを体験して欲しい!

敏感肌だから使えるコスメが限られているなんて思っていませんか?
確かに体質的に肌の弱い方は存在しますが、敏感肌だと思っている方の中には、酷い乾燥肌が原因で肌刺激に弱くなっている事が多くあります。

 

 

 

つまり、保湿をしっかりと行えば、敏感肌から卒業できるということになりますね。
実際に酷い乾燥と敏感肌に悩んでいたのに、保湿効果の美容液を使うようになってから、乾燥肌も落ち着き、敏感肌用以外のコスメを使っても肌刺激を感じる事が無くなりましたから。

 

肌の潤いに欠かせない成分と言えばセラミドです。

 

≫セラミド美容液の【まとめ】乾きがおさまらない時に使いたいセラミド化粧品!

 

潤い成分で有名なセラミドは、お肌の奥の角質層にある角質細胞を支えて肌にハリを与え、水分を保持して潤いを保ち、角質細胞をしっかりと繋ぎとめることで異物が体内に侵入することを防いでくれる成分です。そんな大事な作用を持つセラミドですが、生活習慣や加齢でどんどんと減少してしまう成分なんですね。そのため肌は乾燥し、刺激にも弱くなり、敏感肌としてあらわれます。

 

 

 

セラミドが配合されていれば何でも良いのかと言うと、実はそうでもありません。
天然成分由来の「天然セラミド」、酵母などの有効成分を組み合わせて作られた「天然型セラミド」、科学的に作られた「合成疑似セラミド」などがあります。

 

天然セラミドは希少性から高価な物が多く、合成疑似セラミドは安価ではあるのですが、効果は天然セラミドよりは劣ってしまいます。天然型セラミドで有名なのはヒト型セラミドで、ヒトの体内にあるセラミドに近い分子構造をしているため、浸透性が高く、高い効果が期待できる成分です。

 

乾燥が原因で敏感肌になっている場合には、肌刺激の少ないもので、とにかく保湿を行う事が大切です。敏感肌だからと諦めてしまう前に、セラミドの配合された美容液で潤い体験をしてみるのも良いかも知れませんね。

 

美容液もただ顔に塗るだけでは肌の奥まで浸透しにくいため、手のひらに取って温めるように軽く広げ、特に乾燥が気になる場所に集中的に付け、手のひらで押し込むようにハンドプレスをするようにしましょう。

 

 

いつものコスメと違うものを使うのには勇気が要るかも知れません。浸透性を高める事で有名なビタミンC誘導体は、敏感肌の方には肌刺激として感じられる事がありますし、アルコールや保存料も肌刺激の原因となりますので、できるだけシンプルなものから試してみる事をお勧めします。