肌がカサカサでかゆい!?乾燥肌の症状と対処法って??

肌トラブルに一番多い乾燥肌とは?

 

肌のトラブルでお悩みの女性は多くいらっしゃいます、そんな肌トラブルの中でも多くみられるのが乾燥肌です、乾燥肌とはいったいどのような事象なのでしょうか?
乾燥肌は角質細胞間脂質が減少したり皮脂分泌が減ってしまうことが要因で起こる肌トラブルで肌に必要な水分量が減少してしまうことで潤いがなくなることでカサカサした肌状態になってしまうことを指します。

 

 

乾燥肌になってしまうと肌自体に柔軟性がなくなってしまいますので皮膚自体がもろくなりほうっておいて重症になると皮膚の表面がぼろぼろとめくれてくることがあります。
乾燥肌はいろいろな肌トラブルの基となってしまいます。

 

肌に潤いを保たせるには基本的に保湿が重要です。年齢を重ねるとともに保湿は重要になっていきます。乾燥肌でお悩みの方は保湿効果の高いコスメを使うなど早めの対処が必要になります。症状が重い場合はできるだけ早く専門医に診てもらうなど適切な処置を施すようにしましょう。

 

 
さらに乾燥肌の方は敏感肌でもあると言われています、肌には個人差がありますので敏感肌プラス乾燥肌のような方の場合はさらに症状が悪化する傾向にあります。自信の肌状態を専門化に診てもらい、どのようなケアをしていけばよいかを知ることが大事です。

 

乾燥肌の症状と対処方法について

 

乾燥肌はいったいどのような症状なのかよくわからないという方も多くいらっしゃいます。自分が乾燥肌なのかどうか分かっていない場合も多いようです。
乾燥肌の主な症状として皮膚に現れるのが皮膚のカサカサ感です、そしてそれ以外にも肌の赤みや痒みをともなう人もいらっしゃいます。ひどくなると湿疹が肌の表面にあらわれたりもします。

 

さらにひどい場合は白い粉をふいてしまいます。こういった重症化している場合は皮膚科など専門医を受診することが必用です。個人でなんとかしようとしているうちに症状はどんどん悪化してしまいます。

 

こういった乾燥肌の症状は1年を通して一番乾燥が激しい冬に発症する方が多いようです。乾燥肌の方にとって冬は一番気を付けなくてはならない季節というわけです。寒い冬はやはり水分自体を摂取することを忘れてしまいがちです。
 
体内に水分を補給することも必要ですがやはり乾燥肌から肌を守るには肌に対してしっかりと水分を与えてあげることが何よりも大切なことです。

 

肌の水分は自分では気付かないうちになくなっていきます。水分量を測ることが出来る製品などもありますので安定した水分を供給できるように心がけることが大切なことです。

 

 

乾燥肌の原因を知って最適な治療を

 

乾燥肌は人間の肌の角質層の水分量が30%以下になるとともに皮膚の保湿機能が充分に働かない状態のことを指します。ですから水分量が低下してしまうと肌は自然に乾燥していき、痒みや赤み、そしてカサカサの症状へと変化していくのです。

 

乾燥肌の原因を知ったうえでそれではどのような対処をすべきかですが、乾燥肌の予防や治療法でまず大事なのが間違ったスキンケアをしないことです。最初から間違った治療を行なっていてはいつまでたっても改善しません。

 

外側からのケアとしては保湿効果の高い化粧水を塗布することですが、単に化粧水を付けただけではいけません。すぐに蒸発してしまいますので水分が逃げないように上からクリームなどを塗ってコーティングすることです。

 

そして洗顔です。よく見られるのが一日に必要以上に洗顔する方です。そういった場合に洗浄力の強い洗顔料を使っているとどうしても皮脂膜や細胞間脂質、さらには天然の保湿成分自体まで洗い流してしまうことになります。そうなると肌本来の保湿機能まで失われてしまい逆効果になってしまうのです、ですから洗顔のしすぎにも注意が必要です。

 

 

保湿としてはコスメ以外にも内部から補給することも重要です、体の内部から水分補給することも乾燥肌対策、予防することができます。