乾燥で痒くなる前に乾燥肌をケアするには??

冬の季節になると気になりだすのがカサカサした乾燥肌。肌が乾燥してしまうと、小じわができやすくなったり化粧のりが悪くなってしまうだけではなく、肌の新陳代謝が悪くなったり様々な肌トラブルに陥りやすかったりするのです。

 

肌がしっかりと潤っていると、様々な肌トラブルから解放され、若々しい肌を保つことができます。では一体どのようなことに気をつければ乾燥肌を防ぐことができるのでしょうか。乾燥肌にならないための方法をいくつかお教えいたします。

 

乾燥肌の原因って??

 

そもそもなぜ肌が乾燥してしまうのでしょうか。
特に冬の時期になると気温だけではなく、湿度も下がります。
湿度が下がってしまうと体の水分も蒸発されやすく、体から水分がどんどん抜けてしまいます。
よってカサカサした乾燥肌が引き起こされるのです。
しかし、原因はこれだけではなく、他にもいくつかあります。

 

エアコン

 

エアコンが効いた部屋にずっといることで空気が乾いてしまい、肌の水分や油分が失われて乾燥肌を引き起こします。肌だけではなく喉まで乾燥させてしまうこともあり、体調を崩してしまうこともあるのです。エアコンは冬だけではなく夏にも使います。

 

実は乾燥は冬の季節だけだと思いがちですが、実は夏も乾燥してしまうこともあるのです。エアコンの使い過ぎには十分注意することが肌の乾燥を防ぐことになります。仕事の都合などでやむを得なくエアコンの効いた部屋にいなければならないときは、常にスプレータイプの化粧水を持参するなどして、乾燥対策を行いましょう。

 

不規則な生活習慣

 

その他にも乾燥を引き起こす原因として、不規則な生活習慣が考えられます。十分な睡眠時間がとれずに肌が荒れてしまった、そんな経験をされた方もきっと多いのではないでしょうか。睡眠不足やバランスの悪い食生活は肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

規則正しい生活習慣は肌のバランスを整えるのです。ストレスも肌にはよくないとされており、ストレスを抱え込むことによって肌が荒れてしまう場合もあります。
乾燥肌になるだけではなく、湿疹や吹き出物が出やすくもなってしまいますので注意が必要です。できるだけストレスを溜め込まないよう、上手に発散できる方法を見つけることも大切であります。

 

 

これらが乾燥の原因となるのですが、実際どのようなことをすれば乾燥肌を防ぐことができるのでしょうか。一番大切なことはやはり肌の保湿であります。
肌の水分や油分が足りていないと、肌の乾燥がどんどんひどくなってしまい赤みや痒み、湿疹など様々な肌トラブルを引き起こします。そうならないためにも常に肌を潤わせることが大切であり、とにかく乾燥させないことを意識します。

 

特に夜お風呂に入るとき、お風呂上がりに一気に肌が乾燥してしまうので、お風呂から上がったら数分以内に化粧水やクリームをつけるようにしましょう。冬の湿度が低い時期はスプレータイプの化粧を持ち歩き、気になるときにシュッとひと吹きさせるのも効果があるでしょう。

 

食べ物で乾燥肌を防ぐ??

 

そして意外にも食べ物に気をつけることによって乾燥肌を防ぐこともできるのです。冷たいものの摂りすぎや添加物の入った食品、刺激の強い香辛料などは肌に悪いとされています。冷たいものや刺激の強いものは新陳代謝が下がるとされており、結果肌トラブルへつながってしまいます。

 

では一体どんな食材が肌に良いのでしょうか。一般的にネバネバしたもの、黒い食べ物、タンパク質などが乾燥肌には良いとされています。
黒い食べ物とは例えば黒豆、黒ごま、ひじきなどがあげられます。黒い食べ物にはセラミドという成分が豊富に含まれており、このセラミドは肌トラブルから守ってくれたり、肌に潤いを与えてくれたりする大変優れものなのです。

 

他にもネバネバしたもの、納豆や山芋なども新陳代謝を高める働きがあるとされています。様々な食材をバランスよく摂取することが大切であるといえるでしょう化粧水などで外側から肌を守ることも大切ですが、体の中身から肌を守ることにも気をつけることによって、より乾燥肌を防ぐ効果がアップされるのです。